石垣島

石垣島の穴場ビーチは明石海岸がオススメ!プライベートビーチ状態で最高です。

明石ビーチ画像,石垣島の穴場海岸

石垣島には川平湾や米原ビーチなど
有名なビーチがたくさんあります。

ですが、せっかくなら定番の観光地だけでなく
穴場スポットも楽しみたいですね!

そこで今回は、石垣島の穴場ビーチとして
明石(あかいし)海岸を紹介させていただきます。

  1. 海が綺麗
  2. 人が少ない

この2点をクリアしている明石海岸について、
特徴や行き方、利用の際の注意点をまとめてお届けしていきます!

石垣島の穴場ビーチと言ったら、明石海岸!

小さな明石集落の先にある、明石海岸。

石垣島在住の僕は、
県外の友達に「どこの海がオススメ?」と聞かれた時には
必ずと言っていいほどこの海岸をあげています。

明石ビーチ

視界は海と山のみの絶景パノラマ。

まるで海外の秘境にやって来たかのような世界です。

ワイワイと賑やかな観光地も良いですが、
せっかく石垣島に来たならこういった人気の少ない
特別感のある場所も楽しんでもらいたいです。

静かなロングビーチで泳ぐも良し、
海を眺めてのんびりするも良し。

穴場スポットで、あなた好みの過ごし方を楽しみましょう。

明石海岸の特徴

ウミガメ産卵地として有名

明石海岸は、ウミガメの産卵地としても知られている場所です。

明石海岸の画像

入り口にはこんな看板もあります。

西表石垣国立公園に指定されており、
自然が手付かずで残っている明石海岸は
地元の方々にとっても大切な場所です。

ウミガメが産卵に選ぶポイントは、
人が集まる観光地ではなく静かで綺麗な海岸です。

この環境を守るためにも、
海水浴で利用する際にはマナーを守って
自然を汚すことのないように気をつけましょう。

遠浅で波は静か

明石海岸は遠浅で穏やかな海です。

ビーチの左の山がクウラ岳、右の山がトムル岳と言います。

明石海岸画像,石垣島

綺麗な砂浜が続いていますが、
砂浜は小さな貝などが多く混じっているので
裸足で歩くのはちょっぴり痛いです。

ギョサンなどを履いていくと◎ですね。

また、川から合流している部分もあるため
水温は夏でも思ったより冷たいかと思います。

人が少ないプライベートビーチ感

明石海岸は海の美しさと並ぶ魅力として、
観光客の少なさがあげられます。

僕が行くときはどの時期も大抵ほぼ貸切状態です。

いても1組とか1〜2人とか…
ビーチも広いので他の人は全く気になりません。

ただ、近くに明石パラワールドテイクオフ場があるので、
パラグライダーが近くを飛んだり砂浜に着陸したりと
人がパラパラやってくることはあります。

明石海岸画像,パラグライダー

そんなに長時間でもないので、
海にプカプカ浮きながら
パラグライダーを眺めているのもアリです。

シュノーケルには不向きかも

ビーチで遊ぶ時にはシュノーケル(スノーケル)を
やりたいという方も多いかと思います。

ネットを見ると、
クマノミの親子が住んでいるなどの情報もあります。

明石ビーチの画像,石垣島穴場ビーチの明石海岸

ただ、個人的には明石海岸はシュノーケルには不向きかなあと思っています。

理由は2つあります。

まず一つ目は、遠浅なのでかなり沖の方へ行かないと
綺麗な魚があまりいないということ。

二つ目は、後でも解説しますが
波自体は静かでも北部の海は風の影響を受けやすいので
個人でシュノーケルをするのには危険があるからです。

僕も最近(2019年10月)軽くシュノーケルしてみましたが、
綺麗な色の魚は2匹くらいしかいませんでした。

透明な魚とかは浅いところにもいますが、
割とどこにでもいるやつなので特別感はないです(笑)

ですので、明石海岸の楽しみ方としては、

  1. 泳ぐ
  2. ビーチでのんびりする
  3. 貝殻拾い・ビーチコーミング

この3択かなあと。

砂浜には綺麗な貝殻やシーグラス(ビーチグラス)も落ちているので、
収集物でインテリア飾りを作るのも楽しめるかと思います。

あとはご飯を持って行ってピクニックとかもオススメですね。

明石海岸への行き方

明石海岸の住所

住所:沖縄県石垣市伊原間340

海水浴場ではないので、
初めての方は場所が分かりづらいかと思います。

明石海岸に駐車場はある?

明石海岸には駐車場はありません。

ただ、入り口付近に若干スペースがあるので
車を停めるとしたらここになるのかなあと思います。

明石海岸への行き方,入り口画像

車止めも2つ置いてあります。

もちろんこれより先の車の乗り入れはできません。

明石海岸への行き方,入り口画像

上の住所で検索して車を走らせると、
だいたいこの画像あたりに着くかと思います。

画像右の看板は、
先ほども紹介したウミガメの看板です。

明石海岸の画像

木が生い茂っているので
「まさか入り口じゃないよな…」と思うかもしれませんが、
ここが正真正銘の明石海岸への入り口となります。

当然、近隣の住宅に迷惑になるような停め方はNGです。

ビーチへの行き方

ウミガメの看板からビーチまでは、約160mほど。

明石海岸の行き方,画像

木々が生い茂るジャングル道は、初めての方は驚く環境だと思います(笑)

この道を進み続けると、秘境感たっぷりのビーチがお目見えします。

明石海岸の行き方,画像

明石海岸周辺の環境

明石海岸は海水浴場ではないので、
ビーチに海の家や売店はありません。

近隣にはコンビニもありませんので、
周辺のお店を簡単に紹介させていただきます。

明石共同売店

徒歩圏内にあるのは、地元の共同売店です。

住所:沖縄県石垣市伊原間431

ローカル感が強いので、
コンビニやスーパーのような品揃えはありませんが
あくまでも明石集落に住む人々の生活を支えることを目的とした売店です。

ですので、購入する場合は地域住民に配慮した購入を心がけましょう。

最低限のものは行きのコンビニなどで買っておくのが正解です。

明石食堂

石垣島、明石と言ったら、明石食堂が有名ですね。

観光客が毎日長蛇の列を作る人気店です。

住所:沖縄県石垣市伊原間360

明石食堂で腹ごしらえをしてからビーチ、
もしくはビーチで遊んでから明石食堂で空腹を満たす、
というのは明石海岸を知っている方にとっては王道でした。

しかし、近年観光客のマナーの悪さが原因で
お昼の営業が無くなってしまいました(涙)

所定の駐車場もすぐ満車になってしまうため
お店付近に路駐をしたりというマナー違反が急増し、
近隣住民からの苦情がたくさん入ったんだとか。

現在は17:30から営業なので、
海遊びから直行にはちょっと時間を持て余してしまいます。

でも、やっぱり美味しいので行っておきたい場所です。

明石海岸ご利用の注意点

海も綺麗で人も少ない、
まるでプライベートビーチのような明石海岸。

ただ、利用する際には注意してほしいポイントもあります。

ぜひ、最後までお読みいただいて
安全に海遊びをしてくださいね。

無人の危険さを理解しておこう

明石海岸は、海水浴場ではないのでライフセーバーはいません。

また、ビーチでシュノーケルやマリンスポーツの会社が
ツアーを行なっているわけでもないので、
何かあっても自分を助けてくれる人はいないと思ってください。

海の事故、熱中症、様々なトラブルが予想されますので
十分注意して海に入りましょう。

風が吹いた時の流れは意外と早い

明石海岸に限らず、石垣島の北側にある海は
北風の影響を受けやすい場所です。

一見静かな海に見えても、
風が吹いて一気に沖合に流されることもあります。

潮の流れを理解していれば問題ありませんが、
普通に海水浴を楽しむ方で
波の向きなどを意識される人も少ないかと思います。

シュノーケルに夢中になりすぎて流されてしまっても、
ライフセーバーや近くでツアーをしているプロもいません。

海水浴場として開発されている場所ではありませんので、
海水浴は完全に自己責任となります。

離岸流などにも気をつけながら、
事故のないように安全に楽しみましょう。

危険生物に気をつけよう

明石海岸には、危険生物も生息しています。

ビーチに出た時に看板がありますが、

  • ハブクラゲ
  • カツオノエボシ

といった危険生物に十分注意しましょう。

明石ビーチ危険生物画像,カツオノエボシとハブクラゲ

こちらについても海水浴場としての開発はされていないため、
危険生物の防止ネットなどは一切設置されていません。

7月〜9月あたりは特に注意をしてくださいね!

明石海岸まとめ

石垣島の穴場ビーチとして明石海岸を紹介させていただきました。

注意点などもお話しさせていただきましたが、
基本的には普通に安全を意識していただければ何ら問題はありません。

無理をして遠くまで行かないとか、
子供から目を離さないというのは
どこのビーチでも同じですね。

ただ、明石海岸は普通の海水浴場よりも
トラブルが起きてしまった時の対処が難しくなりますから、
いつも以上に安全に留意した上で楽しんでいただければと思います!

こば
こば
私が使っているEAは、余剰金でコツコツ稼ぐといった目的で作られています。
FXの勉強を始めたい、日々の生活の足しにしたいといった方に向いているEAです。
興味のある方はLINEの友だち追加からご連絡下さい!

友だち追加